FC2ブログ
Did you tell a lie? Oh,do not mind it,because nobody notices such a thing.
2021.05    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
15.10.2009
comment:3
trackback:0
焼け野が原
>> チラシの裏


チラ裏 【番外編】

間が空きましたが続きです。
まったくもって需要がないかと思いきや、何はともあれ友達が待ってるね!と言ってくれたので、はりきって更新します。

今回は最初にあるように【番外編】です。

前回のチラ裏で、非嫡出子の相続問題では、子が父に手段はどうあれ(というとなんだか物騒ですが)認知されているということが前提条件だというのはわかったのではないかなぁと思います。

今回はmixiニュースの様々な方の日記の意見から気になったフレーズやワードをピックアップしつつ、制度的側面や法律論的面は書かずにそういう面は切り離してまっさらな状態で、つらつら語ってみようと思います。
ようは、感情論で書いてあるものに対してあたしも感情論でどこまで語れるのかやってみようよってところです。

個人の価値観の話でより曖昧でふにゃふにゃしたものだから、【番外編】。

そんなわけで、今回はいつも以上にものすごく読み辛いと思いますが、ご容赦を…。

ではいざ!

--------------------------


あたしが色んなひとの感想を読んだ中で何度も引っ掛かっている、『非嫡出子が嫡出子の相続半分は差別』。
どーなんでしょうね。
そもそも差別って何だ…って言い出すとまた大風呂敷を広げることになるという、今回はそんなものばかりなので話が哲学の方向になってしまいます。
なので、千里さん的考えを軸にして、好き勝手書きます。

千里さん的には「差別」って「一方的に理不尽なもの」だと考えます。
しかし、相続について差別と言っている方々は、非嫡出子側からの意見が多く見受けられ、逆に正反対の嫡出子側としては半分も渡したくないと言っているという、そういう視点も想像した上で言っているようには感じられませんでした。
これは個々のどちらに重きを置くかの着眼点の問題と、ついついうっかり興奮しちゃった主観的な意見だと考えられます。
あたし自身、双方の視点を鑑みた上でそれが「一方的に理不尽なもの」かと言われるととてもそうとは考え辛いです。
世間には非嫡出子が生まれるケースは色々ある訳です。
が、やはり大勢のひとがよく想像がしやすいのはドラマなんかで有りがちな、
「旦那がよそで愛人と子供作ってきて死んだら葬式に突然現れてその愛人と子供が遺産よこせって言ってきた」
というパターン。
あえて読んだひとが奥さん側に偏り煽るような俗っぽい書き方したわけですが。
別にこんなケースだけでなく、今回の事例のように
「元々築いていた家庭が崩壊したが、しかし離婚をしなかった男は次の新しい家庭(事実上の家庭)を作り家族生活を送ったのちに亡くなり、戸籍上の家庭ではない家庭(新しい家庭)にいた非嫡出子4人が申し立て、死亡した父親の相続について平等な遺産分配を求めた」
って場合もあるのでケースなんて色々、人生も色々です(ってちょっとなんか違う!?^^;)。

まぁそもそも。
前者でいうなら旦那さんは、倫理観はどうあれ、よそでいちゃいちゃするなら避妊はしなさい。と(まぁ大体の方法は100パーセントじゃないのでそれでも可能性はあるわけですが)。
後者で言えば、ちゃんと前の家族と決着つけてけじめがついてからにせんか。
と、思う訳ですよ。
やっぱりよく有りがちなパートナーから離婚を拒否されたとかでも、自分が他に一緒になりたいひとがいるならとことん話し合うなり調停や裁判をするなりすればいいと思うんです。
「でも、それも認められなかったから出来なかったんです」と聞いても、あたしは「あぁそぉ」と思います。
出来ないじゃなくて他に本当に一緒になりたい人がいるなら、がむしゃらに諦めずにやればいいのになぁと思います。
(あたしの想像力が足りなくて、それでも離婚出来ない場合があれば、また意見も変わってくるかもしれませんが今の所思い当たらないので)

以下は蛇足で、相続問題とは全く関係ないことですが、関連して思い付いたというか書きたくなったので書きます。
あたしは恋愛ごと云々に関して言えば、人に褒められないようなことや聞いてこっちが気分がよくないようなことをしておいて、いくら理由を並び立てられて「出来ない」とか「出来なかった」と言われても、それは結局のところ意識的や無意識で「したくない」のと同義だと思うので、あたしとしてはそれこそいくら理由を並び立てられても「そうなんだ」やら「わかった」やら「よいんじゃない?」でおしまいです。
心の中で「あーそぉ、ふーん」で程度の差こそあれ確実に評価は下がってます。
そういうひとなんだなぁとそうゆう目で見てしまいがちですはい。

きっかけは以前に友達から聞いた話でした。
友達は、そのさらに友達(ややこしいのでAさんとします)から浮気しちゃったとボロボロ泣きながら相談されたことがあったそうです。
友達(Bちゃん)は、そうかぁしちゃったかぁ、どうした何があったんだいと話聞いた末に「ねぇどーしよう~」と言われたので。
うんうん唸って、これから一緒にいたいのはどっち?とか色々聞いたら、Aさんはすっごくすっごく罪悪感はある。だけど、彼氏が好きでまだこれからも付き合っていきたいと言ったので、Bちゃんは打算的だけどメリット・デメリット話した上で「浮気相手と切って彼氏とも別れる、つまり一人になるか」、「彼氏には全く何も話さずそのことは事故だと思って墓まで持って行くつもりで普段通り付き合っていくか」がベストじゃないかな?、と言ったら(ここまでは別段よかったらしいんですが)。
Aさんはそれを聞いた途端、「なにそれそんなの両方とも出来ない~」とさらに泣いてしまい、Bちゃんは「そうかー出来ないかぁ。じゃあどうしようか他の方法探すかー」といいつつも(もう勝手にやってくれ…)と思ったのはいい思い出だそうです…。
ちなみにその後、Aさんは悩んだ末に彼氏に正直に話して上手いことその彼氏も許してくれたらしいんですが、その後何かと喧嘩したり関係が上手くいかなくなると彼氏がちくちくそれを蒸し返してきて、結局別れたそうです。
あたしはそれを聞いて、Bちゃんを尊敬し、「出来ない」と言ったAさんに対して多分「したくない」んだよなぁと思い、結末を聞いてどっちもどっちだなぁと思いました。
彼氏もその場で許し(ちゃっ)たんだから、蒸し返す気持ちもわからなくもないけど一旦解決した問題を持ち出すのはルール違反かなぁとも思います。
許すと聞いてすごいなぁと思ったけど、その後にネチネチしてるのは小さいなぁと思いました。
彼女Aさんについてはもう呆れて何も言えませんでした。
あと浮気って………はっ。
いかんね、浮気云々に関しては違う機会を設けてやると決めたので、この辺にしときます。
蛇足なのに盛大に長くなりました。

戻ります。

非嫡出子が生まれて相続に問題だになるだろうケースは他にも色々考えられます。
「子供が出来たけど家族に反対されて結婚話が破談になって、あげく父親は違う女の人と結婚」とかね。
なかなかないとは思いたいけど。
引用元のニュースには元の事実が書いてあったわけではないんですが、元々の記事の書き方からか、差別や可哀相という意見が目立っていました。
なんだかなぁ、うーん。
確かに今回の事例は非嫡出子よりに考えたくなりますが、だからといって、『相続が非嫡出子は嫡出子の半分だなんて差別だ』って、ちょっとちょっと…と思いました。
いろんなケースや双方の視点を鑑みた上で物事を言うことは大切だと思います。
その上でこの民法の「区別」はどうなんだと考えれば、あたしは「一方的に理不尽なもの」ではないのでアリ、そして色んなケースがあるからこそ一つの指針や基準として、アリだと考えます。
しかしすみません、今回は法云々抜きで考える…と言ったんですが、少しだけかじって頭に残っている部分があって、それ抜きでは考えづらかったのでちょっぴり混ざってのこうゆう結論になりました。
(そしてだからこそ、考えと中途半端な法知識が混ざっているこれは屁理屈なので合憲だと考えるとは言えませんでした。)
で、「それ」というのは、法定相続分の「補充性論」。
つまり嫡出子だろうと非嫡出子だろうと相続分自体は被相続人の遺言で自由に変更することが出来るという原則です。
だから、この「区別」がそれが自分の希望と違えばあらかじめ遺言をのこすという方法をとるといいんじゃないかなと思います。
色んなひとの意見の中でも『(憲法で保障されてるし)平等が当たり前だと思ってるから、そんな法律知らない人間が多い』って言葉も多々見受けられましたが。
非嫡出子と嫡出子の子供両方が出来た、またはいるのがわかった時点で、非嫡出子側であろうとも子供は子供で可愛いと思っていてしっかり遺産をのこしてあげたいと思ってるなら、親御さんは確認してみるなり調べるなりしようとはしないのかな?と思いました。
平等が当たり前…これこそ盲点ですよね。
もちろん理想ですが、あたしは現時点では自由と平等を両立させるということは、それぞれある程度限界があると考えます(これも膨らますと面白い議題だと思います)。
「死なんて突然なものもあるわけだから、あらかじめ書ける訳無い」という反論も想像してみましたが、いやそれこそ非嫡出子と嫡出子の子供両方が出来た、またはいるのがわかった時点で親御さんは一度考えたら如何ですか?と提案してみます。
非嫡出子側であろうとも子供は子供と思うなら尚更です。
まぁねぇ、新しい命が誕生した矢先に自分なりパートナーが死んだあとのことなんて心配したくないでしょうが。

あー…でもアリだと考えると言いましたが、実はこれだけじゃあんまり説得力ありません。
指針や基準であって例外はあらかじめ遺言で言えばいいなら、「区別」がなくちゃいけない理由がないし「平等」って基準でもいいじゃないと言われれば、「区別」がなくちゃいけないという理由が思い付きませんから。
(でも、自由と平等を両立させるということは、それぞれある程度限界があると考えているし、「平等」なことに明確な理屈も思い当たらなかったので、現行法のままでアリだと考えたわけですが)
なので、この自分の意見はイマイチ心許ないです。
でも考えられるのもここまで。
結果、行き止まりです。

他の今までこれを読んでいる方はどう感じたんでしょうか?

さて。
上記のようにニュース元から感情論で話すのも妄想交えて話すのも好きなんですが。
次回はここらでいっちょ、正式に本腰入れて判例追った上で(携帯からこんな新しい判例探せるかな?という心配もありますが)、制度的側面や法律論的な側面から見ていきます。
そしてその上で、今回曖昧で行き詰まった自分の意見もまとめてみたいと思います。

やっぱりね、ニュース元がニュース元で穴だらけの記事なので、それに踊らされるひとも沢山いて、元が元だからこれも書くのも意味ないかなぁ、それなら報道の仕方云々や情報の発信云々の話を踏み込んでするかなぁと思ったんですが。
でも、ひとの書いてるの読んであたしならこう考えるなぁって色々思うこともいっぱいあって書いてみたくなったんですよね(横道も多かったけど)(でもそれも書きたいことだったわけで)。
しかし書きはじめたはいいが、結論は出したけど隙だらけでイマイチ弱いし、結局のところ個々の価値観の問題だったりもするわけだし、こうゆう件にナーバスな方が読んだらどう思うのかなとか色々びっくびくしながら書いてました。
まぁ閲覧数少ないとはいえ、一応誰が見るかもわからないネット上に一意見を晒すわけなので、うわぁ甘いかなぁ辛辣かなぁうかつなこと言ってるだろかと未だに戦々恐々としています、はい。
だから、チラ裏はチラ裏でも【番外編】というわけでした。

以上、長い長い弁解おしまいっ。


おまけ。

今回文字数にひやひやしました。
好き勝手書いて打ち込んでいったら、最後の方は目に見えて書ける残り文字数がどんどん減っていって…、結果なんとかギリギリに収まりましたが。
最後まで読んだ方は、この記事だけで9999字分読んでいることになります。

ここまでご覧下さり、本当にありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト



12.10.2009
comment:0
trackback:0
強く儚い者たち
>> チラシの裏


チラ裏続き。
もうね、長いからカテゴリも分けてシリーズ化します。
そのまんま「チラシの裏」シリーズ!!どどーん
(センスの欠片もないのは仕様です)
昼からずっとやってたけど、今回だけで終わんなかったよ…。
やり出せば風呂敷いくらでも広げられるからね。

興味がある方のみどうぞー。

(あれから、お医者さんいわくインフルエンザは完治したそうですが今までいいだけウイルスが暴れ回ってくれたおかげで未だ咳といい鼻といい酷いのでベッドの住人です。
鼻かむだけでHP削られるぜ…!orz
だからこそのこのシリーズと言えますが。
心配してくださってくれた方々ありがとうございますm(__)m
もうあと1日2日かと思いますが、完治まではがんばってひたすらごろごろしてます←)

では引き続き、いざ。


--------------------------


次は記事内容、こと判決内容についてでしたね。

前回記事自体について、相続「差別」とかるく触れたわけなんですが、「差別」と「区別」は違うとあたしは考えます。
mixiニュース日記では、非嫡出子は嫡出子の半分「しか」もらえないなんてと言う方もいらっしゃれば、半分「も」もらえるんだからと言う方もいらっしゃいました。
非嫡出子側に立つか、嫡出子側に立つか…といった考えだと思います。
まぁ具体的に言えば、嫡出子側でびた一文やるもんかと息を巻いている方もいれば、非嫡出子側に立ちつつも認知もしない親からのなんて全くいらないと言う方もいて、興味深かったわけなんですが。

そしてここで認知という単語が出たわけですが。
吹結さんとの電話でも、認知ってどうするの?
本妻たちからもそういった承諾が必要なら、認知されにくいとは思うけどそうじゃなかったら認知し放題じゃない?
そこんとこどーなの?
となり、むにゃむにゃなって怒られて中途半端になってしまったので、ここは張り切って行こうと思います。
電話の返答では、そもそも認知してしまえばもちろん周りの目…世間体や、養育費、慰謝料などの財政的負担等色々あれば認知もしずらいんじゃないかなと答えたんですが。
多分これは半分答えていてもう半分答えられていないので、その部分、制度的な部分を話そうと思います。

そもそも認知とは、嫡出でない子と父の間に意志表示または裁判により親子関係を発生させる制度のことをいいます。

ここでいう意志表示とは父が認知届けを出すことによって行う認知(任意認知)と、父母の婚姻を原因として非嫡出子は嫡出子たる身分を取得する制度(準正)があります。
任意認知はわかりやすいと思いますが準正はピンとこないと思うので、想像しやすいよう、とてつもなくかみ砕いて偏見に満ちた失礼な表現を畏れずにするのなら。
準正の場合は、愛人作って子供作って本妻と離婚して愛人と結婚。って場合も有り得るでしょうが、今の世の中ではどちらかというと、恋人同士が子供作ってできちゃった婚(最近はおめでた婚や授かり婚と言うそうですが)のケースから非嫡出子→嫡出子の制度と考えていいと思います。
どちらにしろ、子供を認知してから婚姻した場合は「婚姻準正」(民法789条1項)、婚姻してから認知した場合は「認知準正」(同条2項)という違いがあります。

そしてそもそも何故相続において任意が重要かといえば、父が子を認知しなければ、その子は相続人としての「子」(民法887条1項)ではないので、相続権はありません。
しかし、子やその直径卑属又はこれらの者の法定代理人は父の死亡後3年以内であれば認知の訴えを提起できます(民法787条)。
これが先程最初に言った、裁判により親子関係を発生させる制度のことです(強制認知)。
子などがこれに勝訴して判決が確定すれば、子は相続人(子)として遺産の再分配等を申し立てることができます。
なので。よくドラマなんかである「認めなさいよっ!」と認知を訴える母親は「子の法定代理人」に過ぎず、子(またはさらにその子、孫等)が原告になります。
認知の訴えとは父と子の生物学的な親子関係の存否を争うものであって、そのいきさつは関係ありません。
よって強制認知の訴えがあった場合に訴えられた側が親子関係を否定しようとするのであれば、母親が子を懐胎したときに他にも関係を持っていた男性がいたことや、DNA鑑定で親子関係が証明できないといったことを主張していくことになります。
それらが証明されれば、強制認知の訴えは退けられるでしょう。
逆に言えばそれらが証明されなければ、強制認知は免れないということです。
つまり、もし父側が望まない子であって認知拒否したとしても、先の2点が証明されなければ認知拒否はほとんど不可能で、扶養義務は免れず養育費を支払う義務があり、望まないからといって義務が免除されるわけでないし逃げたとしても裁判所の命令で給料から天引きすることも可能なので、ばっくれることもできません。
世の中の男性方は下手なことはできませんね!(にっこり)

しかし、女のひともこういうことを含めて、本当に知識を持っていなくちゃいけないと思います(でも、妙に知識を持っていて常識が欠如しているような方は同じ女でありながら怖いですが)。
その上で男の人も女の人も、彼氏彼女や倫理観はどうあれ浮気相手や不倫相手とラブラブすればいいと思います。
(ちなみに蛇足ではありますが、恋人関係における浮気と夫婦関係における不倫では法律的に大きく変わります)
…なんて上記のようなこといいましたが、何をするにしろあたしは浮気や不倫をするくらいなら、本気で。かつ常に誠意ある行動をとるべきだと考えをもっているので、自分にはそうして行動に責任をもち、自分に関係する周りの人達にはそういった行動を期待するといったスタンスです。
ま、何に対してもすべらかずそうだと思うんですが、○○すべきとまで言っていてもそれは自分に対してで、だからといってひとにまで強制出来るものでもないと考えます。
…とはいっても、「だから期待するに留まる」とは言え、あまりにも自分に対して蔑ろであると感じればまた別物なんですが。
あー…ちなみのちなみに、千里さん的ルールでは不倫の定義は決定的なんですが、浮気の境界線云々言われてもその千里さん的ルールすら定まってもいないので何とも言えませんわかりません。
言えるのはある行為を嫌だなぁと感じるということくらいで、それが浮気かどうかなんて何とも。
それこそ個々やパートナーを含めた価値観の問題だと思っているし興味深い話なので、そうゆうことをあーでもないこーでもないと誰かと話して、ほほぅ。とするのは好きですが、一方的に自分の考えだけで語るには不十分な議題だと考えています。
うーん、面白いけどね!
…いっそ難しいからこそ今度ここでもどこか違うトコででもつらつら語ってみるかな。


……と、色々と横道寄り道道草をしてしまいましたが、認知に関してはこんなところでしょうか。

なので、最初の「認知もしない親からのなんて全くいらない」という意見は、そもそも認知がされてないんだからもらう権利すらないと言う話になります。
多分おそらくは、ニュアンス的に『どこの誰とも知らないいるのかいないのかも知らなかった父親からのおこぼれなんていらないっ!』といったところなんでしょうが。

認知についてはキリがついたと思うので、これにて一旦アップします。
12.10.2009
comment:0
trackback:0
過ぎ行くものへ
>> チラシの裏


忘れてしまうだけの日常を体温をかなしみを愛しいと思ってしまうのはわたしがいつか死ぬいきものだから


--------------------------

ここからチラ裏

吹結さんとお電話してたんですが、流石に夜中なのでママンにド叱られました。
21にして、吹結さんにママンに叱られてるの電話越しに聞かせてしまって情けないってゆーより申し訳なかった…すみません(しゅん)。

そいで。

熱を篭って話をしていたので、そして話をしていくうちにまとまりそうな、この手に何か掴めそうなそんな気がしたので(笑)、その話について書いていきます。

でもあくまでもチラ裏、あくまでも考えを整理するためのメモ書きでしかないので不確かや曖昧な部分や千里節が入ったものになり、しかも多分きっとおそらくは高確率で途中アップになるという大変情けない所業ですが(なぜならば携帯から直打ちなので)、ご了承下さい。
(続きももちろん書くよ!)

しかし、くどいようですが、あくまでもチラ裏、あくまでも考えを整理するためのメモ書き。

えぇ…とても、便利な言葉ですよね……。
そんなことを(自分自身も)念頭に置きつつ、いざ。

--------------------------

話の元は、10日ほど前の非嫡出子の相続問題についての最高裁の合憲判決の記事。
そしてそれについてのmixiニュースの各々の日記の反応について。

まずは私なりの補足説明を交えつつ、毎日さんが書かれた非嫡出子の相続問題についての最高裁判決の記事を軽く。


まずは前提としての非嫡出子の相続問題。
これは民法900条4号ただし書き前段のことで、かみ砕けば、『婚姻していない男女の間に生まれた非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の半分(=2分の1)』である、ということです。

そして今回の事例の事実関係は、どうやら(後に要確認)、一般的な非嫡出子という言葉で想像される愛人の子供…ではなく。
元々築いていた家庭が崩壊したが、しかし離婚もせずに旦那が新しい家庭(事実上の家庭)を作ったのちに亡くなり、戸籍上の家庭ではない家庭(新しい家庭)にいた非嫡出子4人が申し立て、00年に死亡した父親の相続について平等な遺産分配を求めた。
嫡出子側は民法規定通りの配分を求めた。
一審二審共に嫡出子側の主張を認めた。
ということでした。

最高裁において、民法900条の規定の合憲性が争われ、<毎日記事>最高裁第2小法廷は「法の下の平等を定めた憲法14条に違反しない」と判断し、非嫡出子側の特別抗告を棄却した。

決定は4裁判官中3人の多数意見で、判例を踏襲した。
今井功裁判官は「子の出生に責任があるのは被相続人で非嫡出子には何の責任もない。規定は違憲」と反対違憲を述べた。
合憲とした竹内行夫裁判官も「相続時は合憲だが、社会情勢は変化し、現時点では違憲の疑いが極めて高い」と補足意見を述べた。

非嫡出子の相続差別を巡っては、95年の最高裁大法廷決定が初の合憲判断を示したが、15人中5人が「違憲」とした。03~04年の計3件の小法廷判決は、いずれも裁判官5人の意見が3対2で合憲となる小差の判断が続き、最高裁の新たな判断が注目されていた。

法制審議会は96年に相続差別の解消を盛り込んだ民法改正案答申したが、一部議員に反対が強く法案の国会提出は見送られている。
非嫡出子の出生割合は00年の1.63%から06年は2.11%に増加し、海外も相続の平等が大勢。
竹内裁判官は国会に改正を強く求め、今井裁判官は「立法を待つことは許されない時期に至っている」と指摘した。
千葉景子法相は改正法案の早期提出に意欲を示している。</毎日記事>

とのことでしたー。

記事自体の感想を言うならば、随分と煽るような記事だなぁと。
筆者も人間なので、合憲か違憲かどちらか側に寄ってしまうこともあるんでしょうが、記事を書く身の場合は寄ってはまずいんじゃあないかなと思いました。
あえてなのかはわかりませんが、相続「差別」と書いたり、海外も相続の平等が大勢と書いたり。
多くの人を煽る文章なんではないでしょうか。
現にぴーぴー言ってらっしゃる方も存在します。
事実を伝えるのがニュースならば、これはニュースの皮を被ったコラムな気がします。

次は記事内容、判決内容について…。


………を書きたかったんですがこっからが本番なんですが……いかん、記事自体を打っただけなのにも関わらず親指が痛い…。
そして眠気もピークで、す。
今晩はここまで。
おやすみなさい。


チラ裏と書くと放り投げることが出来るので幾分気持ちが(今回は行動としても)楽ですね。
普段とかわんないじゃんという子にはでこぴんします。